2019年1月19日(土)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,963,547億円
  • 東証2部 73,303億円
  • ジャスダック 87,736億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率13.09倍13.30倍
株式益回り7.63%7.51%
配当利回り1.94% 2.02%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,666.07 +263.80
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,630 +280

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

1月18日(金)14:20

年金額0.1%増に抑制 マクロ経済スライド発動[映像あり]

統計不適切調査による予算修正案を閣議決定

1月18日(金)13:00

[PR]

マーケットニュース

フォローする

アマゾンより怖いアリババ?(市場点描)

2018/6/1 14:45
保存
共有
印刷
その他

2027年までに中国のアリババ集団のビジネスチャンスは米アマゾン・ドット・コムの3倍になる――。米モルガン・スタンレーの調査チームはリポートの中でこう「予言」する。日本でも今後、アリババのほうが小売株など関連銘柄の脅威として意識される時代がくるかもしれない。

調査チームは、アリババとアマゾンのビジネスモデルを比較。特に本国市場の拡大ペースに大きな違いがあると指摘する。アリババの本拠地の中国市場は年平均で6%成長する一方、アマゾンの米国市場での成長余地はそれより劣るとみる。その他の国・地域でも競争が激しくなりそうだ。

モルガン・スタンレーによれば、日本でアリババが提供するサービスは現在は決済手段が中心。ただ、アリババが電子商取引(EC)事業を本格的に展開すれば、関連銘柄への影響は避けられなさそうだ。

「デス・バイ・アマゾン(アマゾンによる死)」という言葉が示すように、17年9月にアマゾンが日本で法人向け通販を始めたと発表すると、アスクルなど関連銘柄が一斉に売られた。今後は巨大化するアリババとも相対しなければならないとすれば、備えを急ぐ必要がある。

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム