/

この記事は会員限定です

東芝、「1兆円後」に増す物言う株主との不協和音

[有料会員限定]

東芝は1日、半導体メモリー子会社の東芝メモリを米投資ファンドなどの「日米韓連合」に正式に売却した。売却額は約2兆円でメモリへの再出資分などを差し引いても1兆5000億円近いキャッシュを得る。会計上でも約1兆円の売却益を計上、これで2016年末に発覚した米原発事業の損失問題を機に土俵際まで追い込まれた東芝の経営問題は節目を迎え、再生へ新たな一歩を踏み出す。しかし、車谷暢昭最高経営責任者(CEO)ら新執行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1188文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン