2018年12月16日(日)

ソフトバンク、GM系に2400億円出資 自動運転で

IoT
モバイル・5G
2018/5/31 21:38
保存
共有
印刷
その他

米ゼネラル・モーターズ(GM)は31日、自動運転を手掛けるグループ会社が「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」から22億5千万ドル(約2400億円)の出資を受けると発表した。SVFは約2割の株式を持つことになる。GMはSVFからの出資を受けて自動運転車の早期の商用化を目指す。

SVFが出資するのはGMクルーズホールディングス。GMもクルーズ社に11億ドルを投資する。GMのメアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)は「ソフトバンクは、事故や渋滞をなくすという我々の目標に向けた力強いパートナーとなる」とコメントした。ソフトバンクはグループ会社で自動運転を手掛けているほか、米ライドシェア大手のウーバーテクノロジーズなど自動運転に関わる企業に投資している。

SVFはソフトバンクがサウジアラビアなどと立ち上げた運用額10兆円規模のファンド。ロンドンに拠点を置き、ビッグデータを活用する成長企業に投資している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報