来週にも検察審申し立て 森友問題、追及長期化の可能性も

2018/5/31 18:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

学校法人「森友学園」への国有地売却や決裁文書改ざん問題を巡り、大阪地検特捜部は佐川宣寿・前国税庁長官らを不起訴とした。ただ、告発した大学教授らは納得しておらず、来週にも検察審査会に審査を申し立てる構え。検察審の判断次第では検察官が事件を再検討することになり、捜査や責任追及の動きが長期化する可能性もある。

佐川前長官らを公用文書等毀棄容疑などで告発していた上脇博之・神戸学院大教授は31日、記者会見…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]