上方落語協会、笑福亭仁智さんが新会長に正式就任

2018/5/31 18:11
保存
共有
印刷
その他

上方落語協会は31日、笑福亭仁智さん(65)が桂文枝さん(74)に代わる新会長に就任することを正式に決めた。仁智さんは4月26日に行われた選挙で新会長候補に選出され、31日の理事会、総会で正式に承認された。

記者会見する上方落語協会新会長の笑福亭仁智さん(左)と前会長の桂文枝さん(5月31日、大阪市北区)

同日行われた記者会見には仁智さんと文枝さんがそろって出席。仁智さんは「前会長にはものすごい功績があるが、突き進む中で見過ごしてきた部分もある」と指摘。上方落語の定席「天満天神繁昌亭」(大阪市北区)の営業てこ入れなど「(見過ごされてきた部分を)地道に見直し、足元を固めることができたら」と抱負を語った。

文枝さんは8期15年にわたり会長を務め、約60年ぶりの上方落語の定席として、繁昌亭を開設するなど大きな実績を残した。仁智新会長とは創作落語で腕を競ってきた仲。「まじめで熱心で決断力、判断力にたけている。彼に引き継げて本当によかった」と信頼を寄せる。

落語を巡る環境は落語以外の娯楽との競争が激しくなり、厳しい時代としつつ「仁智に託して天命を待つ気持ち」と笑わせた。今後は7月に開く「喜楽館」(神戸市)の名誉館長となる予定だが、協会の役職はすべて退任した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]