/

ホンダ、20万台リコール ブレーキ不具合で物損2件

ホンダは31日、ブレーキの不具合で制動距離が長くなる恐れがあるとして、ミニバンの「ステップワゴン」「フリード」「フリード+」の3車種計20万9060台(2015年4月~今年2月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。

この不具合が原因で昨年4月に神奈川県、同12月に静岡県でそれぞれ柵や樹木に衝突する事故が計2件発生した。けが人はいなかった。事故に至っていないケースも140件報告があった。

国交省によると、問題があるのは、運転手がブレーキペダルを踏んだ力をタイヤに伝える装置。ふたのような役割をするゴム製カップの材質や形状が不適切なため、ペダルをゆっくり踏むとブレーキ液が漏れて利きにくくなる場合がある。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン