/

この記事は会員限定です

加計が揺るがす規制改革 仙北市の挫折

政策 現場を歩く

[有料会員限定]

安倍政権の規制改革の柱である国家戦略特区の存在感が薄れている。学校法人加計学園の獣医学部新設を巡る問題への批判をうけ、内閣府が手のひらを返したように消極的になったためだ。「国のお墨付き」という推進力に陰りがみえる中、特区自治体の最前線では、地方議会や業界団体などの分厚い岩盤が息を吹き返している。

ヘルスケアで訪日客呼び込みの体制模索

秋田県仙北市にあるJR田沢湖駅。地元の民謡がホームに流れると、秋田新幹線「こまち」が到着し、荷物を手に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1404文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン