2018年11月17日(土)

加計が揺るがす規制改革 仙北市の挫折
政策 現場を歩く

政策研究
コラム(経済・政治)
2018/6/5 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍政権の規制改革の柱である国家戦略特区の存在感が薄れている。学校法人加計学園の獣医学部新設を巡る問題への批判をうけ、内閣府が手のひらを返したように消極的になったためだ。「国のお墨付き」という推進力に陰りがみえる中、特区自治体の最前線では、地方議会や業界団体などの分厚い岩盤が息を吹き返している。

■ヘルスケアで訪日客呼び込みの体制模索

秋田県仙北市にあるJR田沢湖駅。地元の民謡がホームに流れると、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報