シダックス「ひとりカラオケ」に泣く 事業を売却

2018/5/31 13:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

カラオケ業界に再編の波が押し寄せている。シダックスが30日、「カラオケ館」のブランドでカラオケボックスを展開するB&V(東京・新宿)に事業を売却すると発表した。ボックスをひとりで利用する「ひとりカラオケ」などが増え、客単価が下落したことが業績に影響している。

【関連記事】
シダックス、カラオケ撤退 給食事業に集中

■飲食の売り上げ減る

カラオケの事業者で作る全国カラオケ事業者協会の「カラオケ白書」によ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]