2018年10月16日(火)

残業「年720時間まで」、専門職に脱時間給 働き方法案

2018/5/31 14:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

衆院を通過した働き方改革関連法案が成立すれば、働く人の待遇や賃金に対する日本の慣行を見直すきっかけにもなりそうだ。

法案の柱は3つある。

まずは残業時間の上限規制。日本の労働法制で初めて導入する。いまは事実上青天井で残業時間を延ばすことができるが、年間720時間以内、単月に限っても100時間未満に抑えるよう規定する。2~6カ月の平均では80時間以内とする。違反すれば企業側に懲役や罰金が科される。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報