福島の復興、世界に発信 NYテロ跡地で知事

2018/5/31 10:24
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=共同】福島県の内堀雅雄知事は30日、米同時テロで崩壊したニューヨークのビル跡地に建設された「ワン・ワールド・トレード・センター」で記者会見を開いた。東日本大震災からの復興状況を説明し「7年間私たちが続けてきた努力が形になり、復興が前に進んだ」と述べた。

30日、米ニューヨークの「ワン・ワールド・トレード・センター」で、福島県の状況を説明する内堀雅雄知事(奥左から2人目)=共同

30日、米ニューヨークの「ワン・ワールド・トレード・センター」で、福島県の状況を説明する内堀雅雄知事(奥左から2人目)=共同

悲劇からの復興の象徴でもある同センターで取り組みを発信し、国際社会に福島の魅力をアピールする狙いがある。

内堀氏は福島県内の97%の地域で東京電力福島第1原子力発電所事故に伴う除染作業が完了したと指摘し「県内の都市の放射線量は世界の主要な都市と同じレベルになっている」と強調した。県内の避難区域の面積もピーク時の12%から3%に減少したと語った。

農産物の風評被害は依然として懸案としながらも、2017年度の県産農産物の輸出量が約210トンになり、震災前の10年度の約150トンを大幅に上回ったと語った。

福島県が開催した交流会で同県の日本酒を味わう人たち=共同

福島県が開催した交流会で同県の日本酒を味わう人たち=共同

福島県産の米や梨をマレーシアやベトナムなどに輸出している事例を紹介し、ニューヨークに県産の酒を売る店がオープンすることも発表した。記者会見後には、福島の日本酒や郷土料理を地元米国人らに振る舞う交流会も開催した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]