2019年4月20日(土)

米朝高官、首脳会談へ詰めの調整 NYで協議

2018/5/31 7:56 (2018/5/31 11:00更新)
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=永沢毅】ポンペオ米国務長官と北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長は30日夜、ニューヨークで夕食をともにしながら約1時間半会談した。6月12日の開催で再び調整が進んでいる米朝首脳会談に向け、「完全な非核化」の進め方やその見返り策を話し合ったとみられる。会談は31日も開く予定だ。

30日、ニューヨーク市内のホテルに入る北朝鮮の金英哲氏=ロイター

ポンペオ氏は終了後「今夜はとても良いワーキングディナーだった」とツイッターに投稿した。同氏は30日午後にホワイトハウスでトランプ大統領と面会した後、ニューヨーク入りした。会談前には「金氏と会うのが楽しみだ。私たちは完全かつ検証可能で不可逆的な朝鮮半島の非核化をめざしている」とツイートしていた。金英哲氏も同日午後に北京からニューヨークのジョン・F・ケネディ空港に到着。北朝鮮外務省のチェ・ガンイル北米局副局長が同行した。会談は国連本部前にある米国の関連施設で開かれた。

サンダース大統領報道官は30日の記者会見で、米朝高官の話し合いは「朝鮮半島の非核化に焦点をあてるものだ」と述べた。南北軍事境界線の板門店やシンガポールでもそれぞれ米朝の当局者が協議したと説明し、それぞれの協議は「前向きなものだった」と明かした。

金英哲氏は複数の国際テロに関わった疑いで米国の独自制裁の対象となっているが、今回は特例で入国を認められた。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報