/

この記事は会員限定です

青い森鉄道、前期初の実質黒字 JR貨物からの作業受託寄与

[有料会員限定]

青い森鉄道(青森市)が前期(2017年度)決算で、開業以来初めて青森県から線路使用料の減免を受けずに最終黒字を確保した。JR貨物からの機関車付け替え料収入が寄与した。一方、線路がつながるIGRいわて銀河鉄道(盛岡市)の17年度は2年連続の赤字が見込まれる。両社はともに東北新幹線の延伸開業に伴い並行在来線の運行を引き継いだが、明暗が分かれた形だ。

青い森鉄道は線路を保有する県に運行距離に応じて線路使...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1287文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン