道東の建設関連各社、正社員化や新技術活用 人手補う

2018/5/30 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道東部の建設関連会社が人手不足対策を相次ぎ強化している。生コンクリート輸送を手掛ける太平洋興運(釧路町)は期間限定で雇用する運転手の正社員化を拡大する。土木工事の白崎建設(釧路市)は作業効率化のためドローン(小型無人機)などを活用し始めた。道東は道内でも人手不足が深刻なうえ建設業への依存度が高く、各種対策で逆風に向かう。

「車はあっても運転手が足りない」。太平洋興運の高橋徹社長は現状を説明す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]