2019年6月21日(金)

福寿園、阪神梅田本店に新業態店 茶器や茶葉など販売

2018/5/30 19:33
保存
共有
印刷
その他

老舗茶舗の福寿園(京都府木津川市)は30日、阪急阪神百貨店の阪神梅田本店(大阪市)に新業態店を6月1日オープンすると発表した。上質な暮らしに関心のある20~30代の若い女性向けに、茶葉や茶器、菓子類などを取り扱う。急須など専用の茶器をもたない若い人でもお茶を楽しめるよう、ティーバッグの茶葉や1人用の茶器などを販売する。

阪神梅田本店で新業態店をオープンする(イメージ)

店舗名は「Needle to Leaf 阪神梅田店」。梅田本店の7階に、20平方メートル強の店舗を設ける。急須や茶杯などの茶器のほか、てん茶や和紅茶、棒ほうじ茶などの茶葉やお菓子などを販売する。茶葉と茶器をセットにした提案販売を強化し、客数は1日あたり100人程度を目標にする。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報