2019年6月16日(日)

第一三共や慶大、免疫難病向け創薬で連携

2018/5/30 18:56
保存
共有
印刷
その他

第一三共など製薬3社と慶応義塾大学などは30日、免疫異常による難病を対象とした創薬研究で連携すると発表した。医療現場で集めた疾患情報を遺伝子などから細かく解析したうえでデータベースを構築。参画する企業や大学が各自の創薬や基礎・応用研究に活用する。

「免疫炎症性難病創薬コンソーシアム」を設立した。ほかに小野薬品工業田辺三菱製薬、高知大学、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所(大阪府茨木市)が参画する。研究期間は2022年度までの5年間。関節リウマチや潰瘍性大腸炎など免疫異常が原因の疾患は完治が難しく、効果的な医薬品の開発が求められている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報