中国・紫光集団、紅い半導体 自立の夢
11兆円投資、政府主導

2018/6/1 0:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国の国策半導体メーカー、紫光集団が半導体業界の台風の目となっている。総額3兆円を投じる湖北省武漢市のメモリー工場が年内に稼働する。現地では生産建屋が完成に近づき、試作ライン向けの製造装置の搬入も始まった。紫光集団は今後10年で千億ドル(約11兆円)を投資する方針。米中通商摩擦を背景に、中国は半導体国産化のピッチを上げる。紅(あか)い半導体メーカーに世界の注目が集まっている。

中国の内陸部、武漢…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]