2019年9月23日(月)

「あべのハルカス」でVR体験 KNT-CTが実験

2018/5/30 17:57
保存
共有
印刷
その他

KNT-CTホールディングスは30日、日本一高いビル「あべのハルカス」(大阪市)で、先端技術と旅行体験をかけあわせた「スマートツーリズム」の実証実験を6月1日に始めると発表した。望遠鏡型の仮想現実(VR)機器で大阪観光を疑似体験したり、海外を訪ねているかのような感覚を味わったりできるようにする。

望遠鏡型のVR機器で大阪観光を疑似体験できる(イメージ)

外国の景色などを疑似体験できる(イメージ)

展望台「ハルカス300」の59階部分に1カ月限定の体験スペースを設ける。体験は無料だが、展望台の入場料(大人1500円)が必要。KDDIが開発した望遠鏡型のVR機器「VRビュースコープ」を設置する。望遠鏡のようにのぞきこむと、周辺の観光スポットやあべのハルカスのアトラクション「エッジ・ザ・ハルカス」をVR映像で疑似体験できる。

13平方メートルのVR空間も設ける。ソニーの映像空間システム「ワープスクエア」を使い、ドローン(小型無人機)で撮影したアイスランドなど海外の風景映像を4つのプロジェクターで投映。空中を散歩しているような体験ができる。

KNT-CTは実験結果をもとに事業化を目指す。体が不自由な高齢者への旅行体験の提供や、訪日外国人客向けの販売促進などへの活用を想定している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。