2019年5月20日(月)

山梨のワイン3銘柄、英コンクールで金賞

2018/5/30 17:10
保存
共有
印刷
その他

英ワイン誌「デカンター」は30日、世界最大級のワインコンクール「デカンター・ワールド・ワイン・アワード(DWWA)」の審査結果を発表し、山梨県の3銘柄を金賞に選んだ。

中央葡萄酒の「グレイス甲州2017」(左)と「グレイス茅ケ岳山麓2017」

白百合醸造の「ロリアンセラーマスター甲州2016」

受賞したのは中央葡萄酒(山梨県甲州市)の「グレイス甲州2017」と「グレイス茅ケ岳山麓2017」、白百合醸造(同)の「ロリアンセラーマスター甲州2016」。金賞は中央葡萄酒は5年連続、白百合醸造は初出品で受賞した。中央葡萄酒の三沢茂計社長は「甲州ワインが世界に打って出る良いきっかけとなる」と述べた。

3銘柄とも甲州ぶどうを使用した白ワイン。グレイス甲州はエレガントで豊かな風味、グレイス茅ケ岳はかんきつ系のぴりっとした風味、セラーマスターは梨の香りと搾りたてのグレープフルーツのような酸味が評価された。

DWWAには61カ国から約1万7000銘柄が出品された。金賞以上を獲得したワインは全体の3.8%だった。

山梨県ワイン酒造組合は県産ワインの認知度を上げるため、今年から甲州ワインの国際コンクールへの出品料の支援を始めている。2017年は22銘柄だった出品数は今年は68銘柄と3倍以上に増えた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報