/

山梨のワイン3銘柄、英コンクールで金賞

英ワイン誌「デカンター」は30日、世界最大級のワインコンクール「デカンター・ワールド・ワイン・アワード(DWWA)」の審査結果を発表し、山梨県の3銘柄を金賞に選んだ。

受賞したのは中央葡萄酒(山梨県甲州市)の「グレイス甲州2017」と「グレイス茅ケ岳山麓2017」、白百合醸造(同)の「ロリアンセラーマスター甲州2016」。金賞は中央葡萄酒は5年連続、白百合醸造は初出品で受賞した。中央葡萄酒の三沢茂計社長は「甲州ワインが世界に打って出る良いきっかけとなる」と述べた。

3銘柄とも甲州ぶどうを使用した白ワイン。グレイス甲州はエレガントで豊かな風味、グレイス茅ケ岳はかんきつ系のぴりっとした風味、セラーマスターは梨の香りと搾りたてのグレープフルーツのような酸味が評価された。

DWWAには61カ国から約1万7000銘柄が出品された。金賞以上を獲得したワインは全体の3.8%だった。

山梨県ワイン酒造組合は県産ワインの認知度を上げるため、今年から甲州ワインの国際コンクールへの出品料の支援を始めている。2017年は22銘柄だった出品数は今年は68銘柄と3倍以上に増えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン