2018年11月19日(月)

11/19 20:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: RIZAP、「負ののれん」営業利益の6割に[有料会員限定]
  2. 2位: 日産自株、私設取引で3%安 東京地検特捜部がゴーン会長を事情聴取との報道[有料会員限定]
  3. 3位: 東証大引け 3日ぶり反発、米中摩擦への不安一服
  4. 4位: クジラが買う脱炭素銘柄 弱気相場の支え期待[有料会員限定]
  5. 5位: 落日GE、もろ刃の効率経営(一目均衡)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,821.16 +140.82
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,840 +190

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

11月19日(月)14:18

官房長官「米中の動向注視」 APEC首脳宣言断念で[映像あり]

日銀 決済機構局長に金融機構局審議役の木村武氏

11月19日(月)13:01

[PR]

銘柄レーダー

フォローする

自動車、米減税効果が剥落 今期減益額が大きい企業
ランキングで読む日本株式会社(8)

2018/5/30 19:23
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2018年3月期に最高益を更新する企業が相次ぐ中、19年3月期は減益に転じる企業も多い。会社予想ベースの今期の最終減益額が大きい企業をランキングすると、自動車大手が上位を占めた。米法人税率の引き下げの影響が剥落するのが主因だ。銀行や保険は日銀のマイナス金利政策で苦戦が続く。保守的な為替前提で減益を見込む企業も多く、市場では上振れ期待も出ている。

今期の純利益予想で減益額が最大なのはホンダだ。これ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

ランキングで読む日本株式会社

電子版トップマーケットトップ

銘柄レーダー 一覧

フォローする

読まれたコラム