/

この記事は会員限定です

「データ経営」広がる 組織作りに活用、取引所も

[有料会員限定]

データの活用は経営に直結するテーマと考えるトップが増えている。29日に公表された2018年版「ものづくり白書」によると、データの利活用戦略を主導する部署として「経営者・経営戦略部門」と答えた企業が55.1%と前年を25ポイント上回り、「製造部門」を抜いた。製造業・サービス業を問わず、最近は人事などの間接部門で活用を探る動きがあるほか、データそのものの売買を事業にしようという企業も出てきた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1330文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン