2018年11月21日(水)

カラオケ・傘・バッテリー 深センに無人マシンが急増

コラム(テクノロジー)
フィンテック
(1/2ページ)
2018/6/18 6:30
保存
共有
印刷
その他

日経クロストレンド

中国に広く普及したスマホアプリ決済のおかげで、リアル店舗は「自動販売機化」し、さらに現金を使わずに済むさまざまな無人マシンが次々に登場している。近い将来に、世界一の「自販機大国」である日本を追い越す可能性もある。深センの街中の実情から、無人マシンの未来を探る。

アリババ集団傘下のアント・フィナンシャルサービスグループの「アリペイ」と騰訊控股(テンセント)の「ウィーチャットペイ」──。この2大スマホ決済アプリは、もはや中国の社会インフラになっている。スマホ決済の普及で、日本で生活する身からすると理解し難い状況も起きている。

テーブルのQRコードをスキャンする

テーブルのQRコードをスキャンする

画面に示されたメニューから料理を選ぶ。すると、それぞれの料理につき単価(¥で示されている)と何人前(份で示されている)の注文かが表示され、合計の品数と価格が最下部の黒地部分に示される。QRコードはテーブルごとに異なる(画面上に「19号卓」と表示)

画面に示されたメニューから料理を選ぶ。すると、それぞれの料理につき単価(¥で示されている)と何人前(份で示されている)の注文かが表示され、合計の品数と価格が最下部の黒地部分に示される。QRコードはテーブルごとに異なる(画面上に「19号卓」と表示)


深センで初めて入ったレストランでのこと。店員を呼び止め「メニューを下さい」と話しかけると、無言で机を指さされた。その先にあったのは、QRコードだ。これをスマホで読み込むと、スマホの画面にメニューが現われた。注文したいメニューを選ぶと、会計画面へ遷移。そしてスマホ決済で支払いが済んでしまう。一言も発さずに注文から会計までが終了。まるで自動販売機のようだ。

人の手を介さないスマホ決済は、リアル店舗を「自動販売機化」するだけではない。2018年3月まで1年間深センに滞在し、イノベーション創出をつぶさに見てきた東京大学社会科学研究所の伊藤亜聖准教授は「スマホ決済なら無人で代金を回収できる。これを前提にして多彩なビジネスが出てきている」と話す。

無人コンビニはその典型例だが、街中には他にもさまざまな無人マシンが出現している。

超小型のカラオケボックス。ショッピングセンターの通路などに設置されている

超小型のカラオケボックス。ショッピングセンターの通路などに設置されている

ショッピングセンターなどに多数設置されている電話ボックスのようなブース。無人のカラオケボックスだ。2人も入ればいっぱいになる小型サイズ。面白いのは、歌声がクラウドで保存されており、スマホからいつでも聴くことができることだ。

オフィスビルなどにある弁当の自動販売機

オフィスビルなどにある弁当の自動販売機

ほかほかの弁当が受け取れるマシンもある。スマホアプリから事前に予約してスマホ決済で支払い。マシンに暗証番号を打ち込むだけで弁当が出てきた。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報