2019年9月16日(月)

浪江町復興拠点で除染開始 23年3月の避難解除目指す

2018/5/30 10:17
保存
共有
印刷
その他

環境省は30日、東京電力福島第1原発事故で立ち入りが制限されている福島県浪江町の帰還困難区域の一部で、住民が再び住めるようにする「特定復興再生拠点区域」(復興拠点)の除染工事を始めた。復興拠点の除染開始は同県双葉町、大熊町に続き3例目。

浪江町は面積の約8割が帰還困難区域(約1万8千ヘクタール)。計画では3カ所(計約661ヘクタール)で除染やインフラ整備を集中的に進め、復興拠点を整備する。

2023年3月までに復興拠点の避難指示解除を目指す。解除から5年後には、拠点内の居住人口を約1500人にする目標を掲げている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。