/

大学定員増禁止、6月施行 一極集中に歯止め

政府は29日の閣議で、東京23区の大学定員増を禁止する新法を6月1日から施行すると決定した。進学をきっかけとした地方から東京への若者の流入を抑え、一極集中に歯止めをかける狙い。

新法では、特定地域にある大学の定員増を2018年度から10年間、原則として認めないと規定。同じく6月1日施行の政令で、学生が集中している東京23区を特定地域に指定した。留学生や社会人を受け入れる場合などは、例外的に定員増を認める。

新法では、国内外の研究者を集めるなど地元の大学の魅力を向上させ、全国から若者を呼び込もうとする自治体への交付金創設も盛り込んだ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン