/

この記事は会員限定です

トランプ効果突き"外交大国"推進

インド・モディ首相、中ロ首脳と親交深める

ムンバイ 編集委員 小柳建彦

[有料会員限定]

国際政治でインドの存在感が高まっている。中国、ロシアと関係を急速に緊密化する一方、フランスやイランともパイプを強める。米トランプ政権の暴走ともいえる独断行動で国際秩序が混乱するなか、独自の全方位外交が成果をあげつつある。経済規模に見合う「主要国」の地位を国際社会で確立する好機とばかりに、モディ首相が飛び回る。

今年に入ってのモディ首相(67)の外交攻勢は、まずインドを1月中旬に公式訪問したネタニヤ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2102文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン