日大前監督ら除名 アメフト学連決定

2018/5/30 0:30
保存
共有
印刷
その他

日本大アメリカンフットボール部の守備選手による悪質な反則問題で、関東学生連盟は29日の臨時理事会で、内田正人前監督と井上奨元コーチが反則を指示したと認定。虚偽証言もしたとして2人を罰則規定で最も重く永久追放に相当する除名処分に決めた。守備を統括する立場の森琢ヘッドコーチは2番目に重い資格剥奪にし、当時の部指導陣に厳罰を下した。

反則をした守備選手とチームについては、今年度中の公式試合の「出場資格…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]