/

この記事は会員限定です

三井物産、モザンビークで最大級ガス田 1600億円投資

[有料会員限定]

三井物産は米石油大手などと共同で、2018年度内にも東アフリカのモザンビークで世界最大級のガス田開発を始める。総事業費は150億ドル(約1兆6500億円)を見込み、三井物産は1割に当たる1600億円程度を負担する。石炭より環境負荷が低い液化天然ガス(LNG)を増産し、新興国を中心とするエネルギー需要の拡大に対応する。

米石油大手アナダルコやモザンビーク国営石油と共同開発する。資源量は50兆~75兆立方フィ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り908文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン