/

宇部興産、生コン材料で異なる産地混入

化学メーカー大手の宇部興産は29日、子会社が手掛けている生コンクリートで、日本工業規格(JIS)認証の取得時に取り決めた産地と異なる産地の材料を使用していたと発表した。不正は2006年に始まり、今年4月まで続いていた。

5月11日にJIS認証機関からJIS表示の自粛の要請を受けたため、14日から生コンの出荷を止めた。「品質に問題はない」(宇部興産)としており、産地の登録をやり直して早ければ6月の出荷再開を目指す。

不正を行っていたのは、子会社の宇部マテリアルズ(山口県宇部市)。生コンに使う「骨材」と呼ぶ材料を、生コンを製造するグループ会社の関東宇部コンクリート工業に供給している。JIS認証の取得時に山口県産の材料を使うことを決めたが、山口県産が不足したため、高知県産を調達し、混ぜて納めていた。

関東宇部コンクリート工業は昨年11月に高知県産の混入を認識したが4月まで使い続けていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン