2019年4月20日(土)

大山1300年 関連イベント続々 大山寺住職代行 大館宏雄さん(語る ひと・まち・産業) 地域振興貢献 寺の務め

コラム(地域)
2018/5/30 12:00
保存
共有
印刷
その他

 ■鳥取県の大山にある大山寺は2018年、開創から1300年を迎えた。関連行事は年間を通じて行われ、地元、大山町は3回目となる国民の祝日「山の日」の全国大会記念式典の開催地に選ばれた。大山寺の住職代行を担う大館宏雄さん(58)は「この節目に生かされた者の義務」と地域振興にも力を注ぐ。

 おおだて・こうゆう 1960年鳥取県大山町にある大山寺の現住職、大館禅雄氏の長男として生まれる。84年に仏教大学を卒業後、大山寺に勤務。87年に大山寺支院の圓(えん)流院住職に就任。禅雄氏が高齢のため、大山寺住職の代行として対外的な役割も担う。

おおだて・こうゆう 1960年鳥取県大山町にある大山寺の現住職、大館禅雄氏の長男として生まれる。84年に仏教大学を卒業後、大山寺に勤務。87年に大山寺支院の圓(えん)流院住職に就任。禅雄氏が高齢のため、大山寺住職の代行として対外的な役割も担う。

「大山寺の本尊は衆生を救う地蔵菩薩(ぼさつ)。天台宗の別格本山で位が高い寺と思われがちだが、いかなる人の願いも聞き入れる民衆のための寺だ。神が宿る山へ人々の祈りの橋渡し役を担うのが役割。そうした寺が観光などの地域振興に貢献するのは当たり前だと思っている」

「(天台宗の開祖)伝教大師最澄の教えに『一隅を照らす』という言葉がある。今いるところで精いっぱい力を発揮して世の中をよくしなさいという意味だ。1人が照らせる範囲は狭いが、10人から100人、1000人へとつながっていけば大きな明るさになる。地域振興も同じ。私自身も地域のために頑張ることで、誰かを勇気づけることになれば、務めを終えたといってもいい」

 ■山岳信仰の修験道として栄えた大山はかつて市民の立ち入りが制限されたが、登山やスキーといったレジャーの拠点へと姿を変えた。大山寺には国指定の重要文化財の阿弥陀堂があり、17年には本堂と鐘楼が国登録の有形文化財になった。文化財としての価値も高いが、市民や観光客向けに積極的に活用する。

1300年記念の特別法要では、みこし行列も行われた(20日)

1300年記念の特別法要では、みこし行列も行われた(20日)

「阿弥陀堂では座禅体験の受け入れをしている。最近は若者や外国人も訪れる。2年前に試験的に座禅とヨガの体験を行ったところ、阿弥陀像の前で行うことが新鮮だったのか、参加者に好評だった。寺は文化財だが、守るだけでなく、広く活用してもらいたい。そうすることで圏域の魅力づくりにも貢献できる」

「大山地域は都会では感じることができない風景を持っている。大山の恵みで、ゆりかごから旅立ちまで豊かな暮らしを享受できる移住先としての魅力向上にも役立ちたい。SNS(交流サイト)など現代のツールで情報発信してもらえるような工夫も考えたい」

 ■各地で相次ぐ地震や風水害は、自然からの警告と受け止める謙虚さも必要だと説く。今と昔の人で変化した点があるとしたなら、山を仰いで自然への感謝の気持ちを持つ機会が薄れたことだと指摘する。

「『大山さんのおかげ』と感謝する風土が地域には根づいている。それでも、若い世代を中心に山と地域のつながりは薄れている。古来のように山に手を合わせ、自然に感謝する機会を深めてほしい」

「多くの訪問客も大山を見上げてもらうだけで、思い悩むことのちっぽけさに気づき、同時に自然によって生かされているという謙虚さを取り戻せる。我々の営みで自然破壊されている現実がある。歯止めをかけるためにも謙虚さが必要だ。自然に比べれば人間は小さな存在。せめて山の日だけでも自然の前にひれ伏すことも必要ではないか」

■大山 ブランド化推進

《一言メモ》最盛期は100を超える寺院と3000人以上の僧兵を抱える一大勢力だった大山寺。明治初期の廃仏毀釈などで衰退し、現在は4つの参拝堂と10の支院を残すのみとなったが、「山の日」関連でも注目され、振興拠点として追い風が吹く。

大山開山1300年祭を巡っては、年間通じて様々な行事やイベントが開かれる。JR西日本も夏のデスティネーションキャンペーンを山陰で行うため、相乗効果が期待される。

官民が「大山」をキーワードにした地域おこしを展開する。2017年6月には県西部の食品メーカーを中心に、地場産品のブランド化を進めようと「大山ブランド会」を発足。9月をメドに大山周辺の9市町村が同会会員の製品をふるさと納税の共通の返礼品メニューとして導入するなど、自治体の広域連携も始まる。

(鳥取支局長 山本公啓)

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報