2018年11月18日(日)

米ネットフリックス幹部「日本のシェア50~60%目指す」

2018/5/29 18:00
保存
共有
印刷
その他

米ネットフリックスのグレッグ・ピーターズプロダクト最高責任者は29日、日本経済新聞社などの取材に応じ「日本国内でのシェア50~60%へと成長するという自信は揺るがない」と説明した。日本発の独自コンテンツについても海外で人気があることから今後も力を入れていく方針を示した。主な一問一答は以下の通り。

業務提携を発表し握手するKDDIの高橋誠社長(左)とネットフリックスのプロダクト最高責任者のグレッグ・ピーターズ氏(29日午前、東京都新宿区)

――KDDIとの提携で何を期待しますか。

「通信サービスとの組み合わせで、潜在的な利用者にネットフリックスというサービスを発見してもらうことを期待している。KDDIとは、100時間の動画再生ができる25ギガ(ギガは10億)バイトの通信容量と組み合わせた。新しい動画の楽しみ方を提案できる」

「米TモバイルUSは我々が組んだ初めての通信事業者だ。ネットフリックスにとっては新規の利用者が増えるし、Tモバイルも独自性が出せる。双方にとって恩恵のある施策だった。通信事業者との提携により、日本でも世界の国々でも成長を加速できるはずだ」

――ソフトバンクの施策は不十分だったのでしょうか。

「決してそうではない。サービスを利用者に知ってもらう機会が得られたし、国内のネットフリックスも成長している。競合としてはNTTドコモのdTVもあるが、コンテンツの内容などがネットフリックスとは違うため単純には比較できない」

――米国と比べ日本ではサービスが浸透していないように見えます。

「米国ではネットフリックスの事業展開が10年早かったからだ。成長率という視点で見れば、米国も日本もメキシコも変わらない。時間が経過すればシェア50~60%へと成長するという自信は揺るがない」

「日本では広告ベースで無料視聴できるテレビに慣れている人が多い。それでもネットフリックスのサービスを知ってもらい、試してもらえば、これだけの素晴らしい動画があるのかと実感してもらえるはずだ。それだけの価値を提供する」

「質の高い独自コンテンツをそろえることが我々の最大の戦略だ。数も質も高く、制作費もふんだんにかけている。日本の視聴者は国内ローカルのコンテンツを好む傾向はあるが、素晴らしい物語を自分の好きなタイミングで楽しみたいという核の部分は、世界中で共通している」

――日本発の独自コンテンツにも力を入れています。

「恋愛バラエティーの『テラスハウス』『あいのり』は予想以上に反響が大きかった。英独仏などでは報道機関が記事に書くほどだ。アニメも力を入れており、日本のアニメ制作者にとって大きな機会となるはずだ。レコメンド機能によって、アニメをこれまで見たことがない世界の人々が鑑賞するようになりつつある」

――今後は何を目指していくのか。

「既に我々は『世界のテレビ局』になっているという自負がある。ネットフリックスを開けば、デンマーク、スペイン、ブラジルとあらゆる国の番組が再生できる。それを世界190カ国で展開している。今後の目標は、もっと多くの方により素晴らしい作品を届けたいという1点に尽きる」

(聞き手は企業報道部 松元英樹)

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報