/

この記事は会員限定です

スルガ銀行員、中古アパート融資で改ざん指示か

[有料会員限定]

女性専用シェアハウスの投資トラブルで所有者側弁護士は29日、スルガ銀行社員がシェアハウスとは別に中古アパート融資でも審査書類改ざんを主導していたと明らかにした。対話アプリを使い物件の販売会社に借り入れ希望者の資産額の水増しなどを指示したという。

スルガ銀行は相当数の社員が改ざんを知りながら融資していた可能性を認めているが、主体的な関与の疑いも浮上した。

わたなべ法律会計事務所(東京・千代田)の加藤博太郎弁護...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り414文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン