/

北海道内3大学、22年に法人統合目指す

北海道内の国立大学である小樽商科大(小樽市)、帯広畜産大(帯広市)、北見工業大(北見市)の3大学は29日、札幌市内で合意書締結式を開き、2022年4月の法人統合を目指すことで合意した。新たな国立大学法人「北海道連合大学機構(仮称)」を帯広市内に創設し、同法人が3大学を運営する。少子化で経営が難しくなるなか、統合で生き残りを図る。

各大学のブランドや教授陣など研究教育の独立性は維持する一方、法人統合で管理部門の役職員を減らしたり、業務システムを一本化したりして運営費を削減する。帯広畜産大の奥田潔学長は同日の会見で「北海道の他の国立大学も参加できる開かれた仕組みにする」と話し、3大学以外との連携も視野に入れる。

経営資源は教育研究に集中させ、新しい取り組みを進める。遠隔講義システムを活用して教養教育を共通化する。3大学の強みを生かし、文理を融合した教育プログラムを共同展開する。農商工連携を進め、農業や食品分野の研究を高度化する。

少子化が進み学生獲得競争が激化していることに加え、国から国立大に支給される運営費交付金が年々減額され、全国の大学は厳しい経営環境に置かれている。そうしたなか、政府は国立大学の再編を後押しするため、1法人が複数大学を運営できるようになる制度の導入を検討している。

全国では名古屋大(名古屋市)と岐阜大(岐阜市)が法人統合の検討に入っている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン