鉄橋の腐食、AIで発見 オートマギが新サービス

2018/5/29 14:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)ソリューションのオートマギ(桜井将彦社長、東京・新宿)は、鉄塔や橋梁のさびの発生を画像や監視カメラの映像から検知し、発生範囲の特定ができるサービスを始めた。

鉄塔や橋梁に多く使われている鋼材は補修や除去に大きな労力がかかるため、さびを早く見つけることが重要だ。この作業は現在、点検員の目視で行われており、担当した人の熟練度に左右されがちという課題を抱える。

オートマギのAIは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]