オリパラ考

フォローする

サプリメントの危険性 アスリートは肝に銘じて
編集委員 北川和徳

(2/2ページ)
(2/2ページ)
(1/2ページ)
2018/5/30 6:30
保存
共有
印刷
その他

オリパラ考をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
IOCの判断基準は「五輪のブランド価値の維持」にある。写真は日本オリンピックミュージアム外(東京都新宿区)=ロイター

 新型コロナウイルスの感染者が増え続けている。東京五輪・パラリンピック開催への影響も危惧され始めた。「開幕まであと何日」とカウントダウンする気分にはとてもならない。
 現時点で大会の中止や延期を議論する …続き (2/28)

健康的な生活習慣がいいパフォーマンスだけでなく、いい腸内環境を生み出す。写真はケニアのランナーたちが自ら調理した伝統食のランチ=共同

 サッカー元日本代表の鈴木啓太氏が社長を務めるAuB(オーブ、東京・中央)がアスリートの便を研究していることはよく知られている。その成果として、昨年末に腸内環境を改善するサプリメントを発売した。
 人間 …続き (2/21)

ナイキ製の特注厚底シューズを履いたエリウド・キプチョゲ(左)はウィーンで行われたマラソンの特別レースで非公式記録ながら史上初の2時間切りを達成した(2019年10月)

 ナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」の登場で、スポーツにおける記録やパフォーマンスの進化についてあらためて考えさせられた。

 記録とは異なる時代に活躍した伝説的アスリートの能力を比べるもの差しにも …続き (2/14)

ハイライト・スポーツ

[PR]