/

八丁味噌老舗が署名活動 GI登録見直し求め

地域の農林水産物をブランドとして守る地理的表示(GI)保護制度に登録された愛知の豆みそ「八丁味噌」を巡り、枠組みから漏れた愛知県岡崎市の老舗2社などが29日、名鉄東岡崎駅で登録の見直しを求め署名活動を始めた。署名は農相宛てに提出する。

八丁味噌の地理的表示保護制度の登録見直しを求め、名鉄東岡崎駅で行われた署名活動(29日午前、愛知県岡崎市)=共同

2社は、岡崎市で江戸時代からの製法を続ける「まるや八丁味噌」社と、「カクキュー」ブランドの「八丁味噌」社。署名活動はGI登録を受け、同市内にキャンパスのある4大学の学長や2社を含む八丁味噌協同組合が発足させた「岡崎の伝統を未来につなぐ会」が実施した。

まるや八丁味噌の浅井信太郎社長は「伝統の製法が途絶えるのは消費者にとっても不利益になる。地元の人にも問題を知ってほしい」と呼び掛けた。

農水省は昨年12月、近代的な製法も用いる名古屋市などの業者の製品を保護対象に認定した。老舗2社は認定された製法について「基準が緩く、伝統的な八丁味噌の味が守られなくなる」と主張し、農水省の決定を不服として審査請求している。

署名した岡崎市の無職、浅岡典枝さん(74)は「八丁味噌と言えば岡崎。応援したい」と話した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン