2019年9月18日(水)

美術とマネーゲーム 東浩紀

2018/6/1 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府が「先進美術館」の創設を検討しているというニュースが、人々を驚かせている。いままで美術館の役割は、価値の定まった作品の収集、保存、研究などに限られてきた。これからはそこに投資も加えようという提案である。若手作家の作品を安値で買って高値で売る、そんな売り抜けを可能にしようということらしい。

美術は市場と切り離せず、作品売買にはむかしから投資の側面がある。いまでは数十億円で取引されるゴッホの名作…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。