/

この記事は会員限定です

蚊よけ塗料、アフリカ攻略の切り札に 関西ペイント

[有料会員限定]

関西ペイントは2018年度後半からアフリカで蚊よけ塗料の販売を始める。住宅の内壁に塗る製品で、塗料の中に含まれた殺虫成分がマラリアなど感染症を媒介する蚊の動きを封じる。一見すると蚊よけ塗料の販売は社会貢献の色彩が強いようにみえるものの、実は同社が進めるアフリカ市場開拓の切り札になるかもしれない。

まず関西ペイントはザンビアやウガンダなどを中心に蚊よけ塗料を販売する。非政府組織(NGO)や慈善団体などと組みなが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1097文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン