/

この記事は会員限定です

京阪バス、20年にも自動運転 京滋で19年実験

[有料会員限定]

京阪バス(京都市)は2020年にも路線バスに自動運転を導入する。19年に滋賀県の琵琶湖周辺や京都市内で実証実験を行い、20年に市街地で住民などを有料で乗せる自動運転バスを実用化することを目指す。人口減で地方の交通網の維持が困難になるなか、自動運転技術を活用して路線の維持と収益化を狙う。

京阪バスは19年3月までに琵琶湖周辺などで実証実験を行い、結果を踏まえて警察や自治体などと実用化に向けた調整を進...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り513文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン