2019年7月24日(水)

大日本住友製薬、抗がん剤事業を2000億円規模に

2018/5/29 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大日本住友製薬の野村博社長は開発中の新型抗がん剤「ナパブカシン」について、大腸がんや膵臓(すいぞう)がんの治療薬として、日米で2021年度の発売を目指す考えを示した。「臨床試験(治験)の初期結果は良好」という。ほかにも複数の抗がん剤を開発しており、早期にがん領域を年間売上高2000億円規模の事業に育てる。

ナパブカシンは「がんの親玉」であるがん幹細胞を攻撃する治療薬。ピーク時の年間売上高が100…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。