「渋谷ストリーム」9月開業、東急の複合施設

2018/5/28 22:00
保存
共有
印刷
その他

東京急行電鉄は東京・渋谷で建設中の複合施設「渋谷ストリーム」を9月13日に開業する。中層には東急グループのホテルが入り、名称は「渋谷ストリームエクセルホテル東急」とする。東急東横線の渋谷―代官山の線路跡地に建設する複合施設の名前は「渋谷ブリッジ」とした。2つの施設により、渋谷駅の南側から代官山方面に新たな人の流れを生み出す。

「渋谷ストリーム」にはエクセルホテル東急が入る(イメージ)

渋谷ストリームは地上35階建て・高さ約180メートルで、延べ床面積約11万6000平方メートルの大型施設。4階と9~13階に渋谷ストリームエクセルホテル東急(177室)、1~3階の商業ゾーンに約30の飲食店が入る。14階から上のオフィス部分は米グーグルの日本法人が全て借りる予定だ。

東急東横線の渋谷―代官山の地下化で創出した線路跡地で進める「渋谷代官山Rプロジェクト」で建設する施設名は渋谷ブリッジとした。渋谷と代官山という2つのエリアの「橋渡し」をしてにぎわいを生むとの思いを込めた。保育所やホテル、商業店舗が入り、今秋に開業する予定だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]