/

ボルト破断、羽根2枚外れる 陸自ヘリ墜落で中間報告

(更新)

佐賀県神埼市で2月、陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターが住宅地に墜落した事故で、防衛省は28日、事故調査委員会の中間報告を公表した。主回転翼の羽根と機体の回転軸をつなぐ「メインローターヘッド」内部の金属製ボルトが破断したことが原因で、2枚の羽根が機体から外れて墜落したという。操縦や整備などの人的ミスはなかったとの認識を示した。

破断したのは、メインローターヘッドを構成する主要部品をつなぎ留める「アウトボード・ボルト」と呼ばれる部品。ボルト(長さ約6センチ、直径約7センチ)が2つに割れた影響で、羽根と機体の回転軸をつなぐ部品が遠心力で破断し、計2枚の羽根が機体から外れたとみられるという。

機体の状態や操縦士の音声などを記録したメンテナンスデータレコーダーから取り出したデータの解析では異常は見つからなかった。

陸自はレコーダーの記録などから操縦ミスはなく、破断したボルトは、陸自では整備せず、納入品をそのまま使うことになっていたため、整備ミスもあり得ないと判断した。

なぜボルトが破断したのかは分かっておらず、機体の製造元のボーイングや国内でライセンス生産を担うSUBARU(スバル)などの協力を得て原因の特定を急ぐ。

同省は28日、大野敬太郎政務官を佐賀県に派遣し、地元自治体の首長や住民らに調査状況を説明した。

事故は2月5日に発生。乗組員2人が死亡したほか、住宅にいた女児も負傷した。陸自は陸上幕僚副長をトップとする事故調査委員会を設置して調査を進めてきた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン