ガソリン「東高西低」鮮明 業者間転売、東は競争沈静化

2018/5/28 19:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ガソリンのスポット(業者間転売)価格の「東高西低」が鮮明になってきた。通常は東西で大きな値差はないが、年初から西日本が東日本を下回る状態が続き、足元でも値差は定着している。東日本の価格競争が総じて沈静化に向かう中、供給余力の大きい西日本の市況対策を急ぐ石油元売り会社が増えそうだ。

「輸送コストの目安となる1キロリットル1500円を超えて値差が定着しているのは不思議としか言いようがない」。ある燃料…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]