/

この記事は会員限定です

北海道内発着航空路線の利用増、LCCの誘致が課題

(データ解読)

[有料会員限定]

2016年度の北海道内発着の航空路線利用者数は72万7389人と5年前に比べ19%増えた。離島住民向けの運賃割引が拡充され利用が増えていることや、観光客の空路を使った周遊が活発になっていることが背景にある。7空港の一括民営化を控え今後さらに道内の就航路線や利用者を増やすには、訪日客を呼び込む格安航空会社(LCC)の誘致が課題となる。

道内発着路線で最も伸び率が高かったのは丘珠―利尻線。5年間で4倍...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1027文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン