/

この記事は会員限定です

"薬都"富山、バイオ後発薬で先手 県の新研究拠点が完成

薬価改定の対応急ぐ(北陸ウエーブ)

[有料会員限定]

医薬品生産額が全国でもトップクラスの富山県で、バイオ医薬品の後発品、バイオシミラーの開発機運が高まってきた。県主導の医薬品の開発拠点が完成したほか、県内製薬企業でも供給体制の強化など取り組みが相次ぐ。薬価改定で医薬品の市場環境の悪化が予想される中、より付加価値の高い製品分野でさらなる成長を目指す。

「最先端の機器をそろえた。各企業の特長を生かした医薬品の開発につなげたい」。富山県内の製薬企業などで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1398文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン