"薬都"富山、バイオ後発薬で先手 県の新研究拠点が完成
薬価改定の対応急ぐ(北陸ウエーブ)

2018/5/28 18:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

医薬品生産額が全国でもトップクラスの富山県で、バイオ医薬品の後発品、バイオシミラーの開発機運が高まってきた。県主導の医薬品の開発拠点が完成したほか、県内製薬企業でも供給体制の強化など取り組みが相次ぐ。薬価改定で医薬品の市場環境の悪化が予想される中、より付加価値の高い製品分野でさらなる成長を目指す。

「最先端の機器をそろえた。各企業の特長を生かした医薬品の開発につなげたい」。富山県内の製薬企業など…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]