2018年10月18日(木)

ブランド再興の翼へ、ホンダがジェット新型

2018/5/28 16:37
保存
共有
印刷
その他

ホンダは28日、小型ビジネスジェット「ホンダジェット」の新型を発売すると発表した。8月から米国や欧州で出荷する。航続距離を約17%高めるなど、現行モデルから性能を上げた。ホンダジェットは2017年の出荷台数がカテゴリー別で世界首位となり、ホンダの新たなブランドの担い手となりつつある。新型機は高く飛べるか。

従来機より航続距離を17%高めた「ホンダジェット エリート」

新型機は「ホンダジェット エリート」。28日に開幕する欧州の航空ショー「EBACE2018」の関連イベントで公開した。エンジンを翼の上に配置する現行機の特徴はそのままに、航続距離を2661キロメートルと、約17%(396キロメートル)高めた。静粛性も高めて離着陸時などの安定性も強化している。3色を加えて全8色を展開。米ノースカロライナ州の工場で生産する。

販売価格は525万ドル(約5億8000万円)と現行機(490万ドル)より若干高い。現行機を切り替える形で、8月から米国や欧州向けに出荷する。日本での発売は「未定」だ。ホンダエアクラフトカンパニーの藤野道格社長は「ビジネス航空業界に新たな価値の創造を追求し続ける決意を表す」とコメントした。

ホンダジェットは17年のカテゴリー別の出荷台数が米セスナの競合機を抜いて小型ビジネスジェットの1位となった。現在の世界累計の運用機数は84機。藤野社長は「非常にハイテクで、今までにない飛行機だと認知してもらったこと」が成功の理由と話している。売上高でみればまだ年間で数百億円規模のビジネスながらも、ホンダの八郷隆弘社長は「ブランド力を高める上で非常に大きい」と時折期待を述べる。

発売していない日本でも人気ロックバンド「ONE OK ROCK(ワンオクロック)」を起用したテレビCMをホンダの企業広告として流す。渋谷のファッションビル109にも一時期、このCMを暗示するハッシュタグを掲示。若者の認知度向上に役立てようとしている。

10年ほど前までホンダは学生の就職人気ランキングで上位の常連だったが「車離れ」の影響も受けて近年は低下傾向にある。ホンダの危機感は相当に強い。「空飛ぶスポーツカー」とするホンダジェットで新たな企業像を打ち立てられるか。新型機への期待は大きい。(古川慶一)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報