2019年7月17日(水)

がんの高額な新治療、手が届く費用に 実用化へ研究
1回5000万円を「数百万円」へ

2018/5/28 12:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新しいタイプの超高額がん治療「CAR-T療法」のコストを大幅に引き下げ、様々ながんで治療を試みる計画が大学で相次いでいる。名古屋大学は白血病向けで臨床研究を開始。信州大学や大阪大学なども計画する。米国では既に実用化されて効果が報告されているが、普及には治療費の引き下げが重要になる。安く提供できれば血液のがんを中心に多くの患者を救える可能性がある。

CAR-T療法は患者の免疫細胞を取りだして遺伝子…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。