/

この記事は会員限定です

がんの高額な新治療、手が届く費用に 実用化へ研究

1回5000万円を「数百万円」へ

[有料会員限定]

新しいタイプの超高額がん治療「CAR-T療法」のコストを大幅に引き下げ、様々ながんで治療を試みる計画が大学で相次いでいる。名古屋大学は白血病向けで臨床研究を開始。信州大学や大阪大学なども計画する。米国では既に実用化されて効果が報告されているが、普及には治療費の引き下げが重要になる。安く提供できれば血液のがんを中心に多くの患者を救える可能性がある。

CAR-T療法は患者の免疫細胞を取りだして遺伝子を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1033文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン