京都の名所、ヒト型ロボがご案内 京阪バス
人材不足に対応、自動運転の実験も

2018/5/28 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京阪バス(京都市)はロボットがガイドする観光バスを導入する。全地球測位システム(GPS)と連動して名所旧跡に近づくとヒト型ロボットが自動でガイドを始め、車内の無線LANを通じて多言語で文字情報も流す。訪日客の増加による利用客の多様化と人手不足の双方に対応するもので、2019年3月までに京都市内の7コースで運行を始める計画だ。

京阪バスが28日午後、発表する。屋根のない2階建て観光バス「スカイバス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]