/

この記事は会員限定です

そのジビエ違法かも 処理怠った狩猟肉、肝炎の恐れも

[有料会員限定]

イノシシやシカなどの野生鳥獣肉を食材とするジビエ料理が身近になる中、適切に処理されていない「違法ジビエ」を売るハンターが後を絶たない。処理を怠った野生動物の肉を食べると、E型肝炎ウイルスや寄生虫に感染し、肝炎や食中毒を起こす恐れがある。政府は安全な供給体制をつくるため、認証制度の導入に乗り出した。

「私が捕ったイノシシを買わないか」。今年2月、東京都内でジビエ流通業を営む40代男性に見知らぬハンタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1346文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン