2019年7月22日(月)

ゆりかご17年度は7人保護 累計137人に、熊本

2018/5/28 14:00
保存
共有
印刷
その他

熊本市は28日、親が育てられない乳幼児を匿名でも受け入れる慈恵病院(同市)の「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)で、2017年度は7人を保護したと発表した。07年5月10日の運用開始以降、累計は137人となった。

市によると、過去最少となった16年度の5人に次ぐ少なさだった。預け入れの数は近年、低水準で推移。市は「病院がゆりかご設置と同時に始めた妊娠相談が増加傾向にあり、預け入れを考えていた親らが別の方法で問題を解決できたケースがあるのでは」と考察している。

接触できた親らの話などに基づく7人の内訳は、生後7日未満の早期新生児が6人、生後1カ月から1年未満の乳児が1人だった。親らの居住地別に見ると、4人が中部・近畿や熊本県外の九州で、3人は不明だった。生活が苦しかったことや、望まない妊娠だったことなどが背景にあったとみられる。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。