/

イタリア首相候補が組閣断念 EU懐疑派入閣に異論

【ジュネーブ=細川倫太郎】イタリアの次期首相候補に指名されていた法学者のジュセッペ・コンテ氏は27日夜(日本時間28日未明)、マッタレッラ大統領と会談し、組閣をあきらめることを伝えた。経済相候補としていた欧州連合(EU)懐疑派のサボナ元産業相の入閣に対し、大統領が反対した。

コンテ氏は組閣の任務を大統領に返上した。会談後、大統領は記者団に「経済相以外の閣僚はOKだった。経済相のポストはすぐに信用や警告のメッセージとなって市場に影響を与える」と話した。今後については「どうするかを迅速に決断する」とした。一方、コンテ氏は「私を首相に推薦した2つの政治勢力と全面的に協力し、組閣のために精いっぱい努力した」と述べた。

サボナ氏はEUと共通通貨「ユーロ」に反対してきたエコノミストで、親EU路線を重要視する大統領は、同氏の起用に懸念を示していた。

コンテ氏を巡っては、政策で合意したポピュリズム(大衆迎合主義)政党「五つ星運動」と極右「同盟」が次期首相候補として推薦。大統領が23日にコンテ氏に組閣作業を命じていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン